予防歯科

虫歯・歯周病になりたくない ~予防歯科~

虫歯・歯周病になりたくない ~予防歯科~

お口の病気としてとても身近な、虫歯歯周病。従来虫歯や歯周病は、なってから治療することが当たり前でした。しかしこの2つの病気はしくみが解明されていることから、予防できることがわかっています。

「なってからの治療」では、どうしても歯や歯ぐきはダメージを避けられません。お口の健康を維持するには、予防が大切なのです。阿倍野区昭和町の歯医者「ひだまり歯科」の予防歯科で、お口の健康づくりを始めませんか?

日本と歯科先進国の予防意識の差

日本において予防が話題に上るようになったのは、つい最近のこと。しかし歯科先進国である欧米では、ずいぶん前から予防意識が根づいています。

日本と歯科先進国の予防意識の差

このグラフを見てわかるように、日本における予防意識の低さは明らか。そしてそれに伴い、80歳時点での歯の残存数にも大きな差が生じています。どちらが正しいかは一目瞭然です。

予防歯科の重要性について

予防歯科の重要性について

たとえば虫歯治療のように、「なったら削る」をくり返せば、歯はいずれ失ってしまいます。そこで、まずならないようにする「予防」が重要になるのです。

予防の基本は毎日の歯みがきですが、いくらきちんとみがいているつもりでも、自分でのケアには限界があるもの。定期的に歯科医院で専門的なクリーニングを受け、残っている汚れを取り除くことが必要になるのです。

また予防歯科では、フッ素塗布などの効果的な予防処置も受けられます。予防歯科に定期検診に通い、自分の歯を長持ちさせましょう。

当院での予防処置のご紹介

フッ素塗布

フッ素塗布

フッ素には、歯質を強くし虫歯菌に対する抵抗力を高める効果を持っています。そこで定期的に歯の表面に塗布し、虫歯予防を図ります。またごく初期の虫歯であれば、フッ素塗布によって「歯の再石灰化」を促し、治癒につなげることも可能です。

PMTC

PMTC

PMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)とは、歯科医院で専門的な器具を用いて行う、歯のクリーニングです。歯みがきでは落とし切れないプラーク(歯垢)や歯石を徹底的に取り除き、最後に歯面をつるつるにみがき上げて汚れの再付着を予防します。

歯みがき指導

歯みがき指導

予防で大切なのは、まず毎日の歯みがきを正しく行うこと。そこで、一人ひとりのお口の状態に合った、正しいみがき方を指導します。歯ブラシの選び方から持ち方、動かし方など、わからないことがあれば何でもおたずねください。

シーラント

シーラント

複雑で深い溝を持つ奥歯は食べカスが溜まりやすいため、虫歯になりやすいのが特徴です。そこであらかじめレジン(歯科用プラスチック)でその溝を埋め、虫歯を予防する処置「シーラント」を行います。乳歯はおもちろん、生え替わったばかりの永久歯の奥歯にも効果的です。

噛み合わせの確認

噛み合わせの確認

噛み合わせが乱れていると、食べカスが詰まりやすかったり、噛む力のバランスが崩れたりして、虫歯や歯周病、また顎や全身のゆがみといったさまざまな問題を招いてしまいます。定期的に噛み合わせをチェックし、問題があれば改善を図ります。

診療のご予約は、お電話(06-6626-0006)またはお問い合わせフォームからどうぞ