小児歯科

子どもの歯が気になる ~小児歯科~

「乳歯はそのうち生え替わるから、多少虫歯になっても……」と思っていませんか? それは大きな間違い。実は乳歯の時期の虫歯は、永久歯の健康にも悪影響を与えてしまうのです。

それにもかかわらず、乳歯は大人の歯に比べてやわらかく虫歯になりやすいという特徴があります。まだ自分で自分を守ることができないお子さんの乳歯、ご家族の方が気をつけて見てあげることが必要です。こちらでは、阿倍野区昭和町の歯医者「ひだまり歯科」の小児歯科についてご紹介します。

キッズルーム完備で歯医者を楽しい場所に

キッズルーム完備で歯医者を楽しい場所に

当院では、来院されたお子さんが医院での時間を楽しくすごしていただけるよう、キッズルームを完備しています。歯医者を遊べる場所だと認識してもらうことで、予防処置や治療のための通院をスムーズにすることができれば……との想いがあるからです。

「歯医者」に親しみを感じられれば、自然とお口の健康について意識することにもつながるでしょう。診療を受けに来られたお子さんはもちろん、付き添いのごきょうだいのみなさんも自由にご利用ください。

虫歯が赤ちゃんにうつる!? ~母子感染~

虫歯が赤ちゃんにうつる!? ~母子感染~

本来、虫歯菌は生まれたばかりの赤ちゃんのお口の中には存在しません。それにもかかわらず、子どもが虫歯になってしまうのはなぜでしょうか? 実は、身近にいるお母さん、お父さんのお口から、虫歯菌がうつってしまうのです。これを「母子感染」といいます。

たとえば、コップやおはし、スプーンなどの食器の共有や、スキンシップのキスといったことで母子感染は起こります。これを防ぐには、食器を分けるといったことに加え、大人がきちんと歯科治療を受け、お口の中から虫歯菌を減らしておくことも大切です。

小児歯科予防メニュー

歯みがき指導

歯みがき指導

虫歯予防で大切なのは、まず毎日の歯みがきを正しく行うこと。そこで、一人ひとりの成長段階やお口の状態に合った、正しいみがき方を指導します。ご家族の方には仕上げみがきのコツをお教えしますので、毎日きれいにしてあげてください。

シーラント

シーラント

複雑で深い溝を持つ奥歯は食べカスが溜まりやすいため、虫歯になりやすい傾向にあります。そこであらかじめレジン(歯科用プラスチック)でその溝を埋め、虫歯を予防する処置「シーラント」を行います。乳歯はおもちろん、生え替わったばかりの永久歯にも効果的です。

フッ素塗布

フッ素塗布

フッ素には、歯質を強くし虫歯菌に対する抵抗力を高める効果を持っています。そこで定期的に歯の表面に塗布し、虫歯予防を図ります。またごく初期の虫歯であれば、フッ素塗布によって「歯の再石灰化」を促し、治癒につなげることも可能です。

過剰歯(かじょうし)の抜歯

過剰歯(かじょうし)の抜歯

まれに、通常の本数より多い「過剰歯」が生えてくるお子さんがいます。過剰歯は歯並びや噛み合わせを乱すなど悪影響を及ぼすことがあるため、多くの場合抜歯が必要になります。当院では、過剰歯の抜歯に対応していますので、お気軽にご相談ください。

仕上げみがきをしっかりしてあげましょう

小さいお子さんは、まだ自分で自分のお口の中をきれいにすることができません。そのため、ご家族の方による仕上げみがきがとても重要になります。就寝前にはとくに注意し、丁寧にみがいてあげましょう。

もちろん、お子さん自身に歯みがきの習慣を身につけさせてあげることも大切です。歯が生えて来たら濡れたガーゼでふいてあげることから始め、徐々に自分用の歯ブラシを持たせて、正しくみがくことができるようやさしく教えてあげましょう。

小児矯正が重要な理由

小児矯正が重要な理由

歯並びの乱れ、見た目だけが問題だと思われていませんか? 歯並びが乱れていると、歯みがきがしにくいために虫歯や歯周病になりやすくなったり、噛む力のバランスが崩れて顎や顔、また全身までにゆがみを招いてしまったりすることがあります。子どもであれば、健やかな成長を妨げてしまう原因にもあるといえるのです。

そこで、小児矯正が重要になります。成長期にある子どものうちに矯正治療を行えば、自然な成長の力を利用できることでスムーズな治療が可能になり、よい効果を得やすくなります。治療開始のタイミングは一人ひとりのお子さんによって異なりますので、気になるところがあればお早めにご相談ください。

小児矯正メニュー

メタルブラケット

メタルブラケット

歯の表面に、金属製のブラケットという小さな装置を付け、ワイヤーを通して歯並びを整えていく、もっとも一般的な矯正装置です。見た目が目立つ点がデメリットですが、多くの症例に適用でき、費用を抑えられるというメリットがあります。

セラミックブラケット

セラミックブラケット

メタルブラケットと同じしくみで、金属ではなく白いセラミックのブラケットを用いる装置です。セラミックは歯の色に合わせることができるため、目立ちにくい点がメリットです。

床矯正(しょうきょうせい)

床矯正(しょうきょうせい)

入れ歯に似た取り外しできる装置を、毎日一定時間装着して顎の大きさ自体を広げていく治療法です。顎が小さいお子さんに対し、歯がきちんと並ぶスペースを確保して正しい歯並びに導いていきます。乳歯の時期から、永久歯との混合歯列期に行います。

子どもも大人も、「なってからの治療」でなく「なる前の予防」が大切です。毎日の歯みがきに加え、予防歯科で専門的な処置を受け、大切な歯を守っていきましょう。

ひだまり歯科の「予防歯科」はこちら

診療のご予約は、お電話(06-6626-0006)またはお問い合わせフォームからどうぞ