審美歯科・ホワイトニング

銀歯が気になるなら ~審美歯科~

銀歯は、古くから虫歯治療に使われてきました。しかし白い歯の中ではどうしても目立ってしまい、コンプレックスになってしまう方も少なくありません。またそれだけでなく、銀歯には金属アレルギーを招くリスクがあることもわかってきました。

そこで阿倍野区昭和町の歯医者「ひだまり歯科」の審美歯科では、銀歯をセラミックに取り替える審美治療をご提案します。身体に安全なセラミックで、美しさと安心を手に入れましょう。

詰め物・被せ物が金属アレルギーの原因になる!?

詰め物・被せ物が金属アレルギーの原因になる!?

詰め物・被せ物などの銀歯をはじめとする歯科金属は、経年によってお口の中で溶け出し、それが体内に取り込まれることで金属アレルギーの原因になることがわかってきました。金属アレルギーは、肌荒れやかゆみといったお肌のトラブルに加え、全身の不調も招くことがある病気です。

実際に、銀歯をセラミックに取り替えたことで、それまであったお肌のトラブルが改善されたという報告もあります。当院では歯科金属を一切用いない「メタルフリー治療」に対応していますので、金属アレルギーに不安のある方は当院までご相談ください。

当院の審美歯科メニュー

ハイブリッドセラミック

ハイブリッドセラミック

セラミックとレジン(歯科用プラスチック)をかけ合わせた素材であり、詰め物・被せ物に使われます。適度な軟性を持つため、オールセラミックが持つ、硬すぎて歯根を傷めてしまうというリスクをなくしています。もちろん金属アレルギーの心配も不要です。

e-max

e-max

純度の高いセラミック素材であり、詰め物・被せ物に使われます。天然歯に近い白さと透明感を再現できる、美しく強い素材です。金属アレルギーの心配も不要です。

メタルボンド

メタルボンド

金属のフレームの表面にセラミックを焼き付けた被せ物です。金属の強さとセラミックの美しさを兼ねそなえ、噛む力が強くかかる奥歯にも適しています。ただし、金属アレルギーのリスクがあります。

ファイバーコア

ファイバーコア

重度の虫歯治療に用いる被せ物の土台(コア)を、従来の金属でなくグラスファイバーでつくったものです。しなやかさを持つため歯根を傷めず、また透明な素材なので、被せ物の色味を損なうこともありません。金属アレルギーの心配も不要です。

ジルコニア

ジルコニア

人工ダイヤモンドにも使用される、強く美しいセラミック素材です。美しく強い素材であり、使用する部位を選びません。もちろん金属アレルギーの心配も不要です。

白く美しい笑顔の似合う歯を ~ホワイトニング~

歯の色は、年齢を重ねるごとにさまざまな原因でどうしても黄ばみを増してしまうもの。「気づいたら、こんなに黄色くなっていた……」とお悩みではありませんか? そんな方に阿倍野区昭和町の歯医者「ひだまり歯科」では、ホワイトニングをご提案します。

ホワイトニングは薬剤を使って歯を徐々に白くしていく処置であり、歯を削る必要がないため気軽に受けていただける処置です。近年では男女を問わず多くの方が受けられています。あなたもホワイトニングで白い歯を手に入れませんか?

当院のホワイトニングメニュー ~オフィスホワイトニングとホームホワイトニング~

当院では、オフィスホワイトニングとホームホワイトニング、またその両方を合わせたデュアルホワイトニングを行っています。それぞれの特徴をご紹介します。

ホームホワイトニング

ご自宅で、お好きなペースで行うホワイトニングです。まず歯科医院で歯型を採り、個人専用のマウスピースを製作。ご自宅で、その中に低濃度の薬剤を入れて毎日一定時間装着することで、歯を徐々に白くしてきます。効果を得るまでに日数がかかりますが、白さが長持ちするというメリットがあります。

ホームホワイトニングの流れ

※表は左右にスクロールして確認することができます。

STEP 1 STEP 2 STEP 3 STEP 4
step 1 step 2 step 3 step 4
初めに、歯科医院で歯型を採り、マウスピースを製作します。 ご自宅で、マウスピースに薬剤を入れます。 マウスピースを毎日一定時間装着します。 マウスピースを外して口をゆすぎます。歯磨きをして終了です。
オフィスホワイトニング

歯科医院で行うホワイトニングです。歯の表面に高濃度の薬剤を塗布し、その上から特殊な光を照射して薬剤を浸透させ、歯を白くしていきます。効果が現れるのが早いため、「近日に大切なイベントがある」など、お急ぎの方におすすめです。ただしホームホワイトニングに比べ、色の後戻りは早くなります。

オフィスホワイトニングの流れ

※表は左右にスクロールして確認することができます。

STEP 1 STEP 2 STEP 3 STEP 4
step 1 step 2 step 3 step 4
初めに、歯のクリーニングを行います。 歯ぐきに保護剤を塗ります。 歯の表面に薬剤を塗ります。 その上から、特殊な光を照射します。保護剤や薬剤を落として、完了です。
デュアルホワイトニング

デュアルホワイトニング

まず「オフィスホワイトニング」で一気に歯を白くし、その後ご自宅で「ホームホワイトニング」を継続して、白さを安定させる方法です。両方のメリットを得られることで人気があります。

そのほかの処置

ガムブリーチ

ガムブリーチ

歯だけでなく、歯ぐきも黒ずんでしまうことがあります。そういった場合には、歯ぐきにレーザー光を当てることで自然なピンク色に戻すことができます。これが「ガムブリーチ」です。

ホワイトニングで歯が白くなったら、歯ぐきの黒ずみが気になってきた……という方も少なくありません。そのような場合にはガムブリーチを併せて行うことで、口元全体をきれいにすることができます。

ウォーキングブリーチ

根管(こんかん)治療によって神経を取り除いた歯は、時間の経過によって黒ずんでしまうことがあります。そういった場合に、もともと神経が入っていた根管に薬剤を詰めて歯を白くする処置が「ウォーキングブリーチ」です。該当する歯がある方は、お気軽にご相談ください。

口元がきれいになったら、その状態を維持するために予防歯科に通いましょう。虫歯や歯周病を防ぐことで、美しく健康なお口を維持することができます。

ひだまり歯科の「予防歯科」はこちら

診療のご予約は、お電話(06-6626-0006)またはお問い合わせフォームからどうぞ